whitefox HOME | IT資産管理とは? | Windowsファイアウォール | WMI | IT資産管理ツール



Windows VistaのWindows ファイアウォール 送受信設定

Windows ファイアウォール : 2009.09.14 Monday
Windows ファイアウォール メニュー
Windows XP |  Windows Vista |  Windows 7

Windows XPではパケット受信(インバウンド)だけのファイアウォールでしたが、Windows Vistaではパケット送信(アウトバウンド)の設定もできるようになりました。

コントロールパネルのセキュリティのWindows ファイアウォールで、その設定ができます。



現在の状況が一覧表示されます。[設定の変更]をクリックすると、従来と同様な設定ダイアログが表示されます。


全般タブでは、Windows ファイアウォールを有効にするか、無効にするかなどの指定ができます。


例外タブでは、Windows ファイアウォールが有効な場合に、例外としてアクセスを許可するプログラム、サービス(プロトコルやIPアドレス範囲など)が指定できます。
標準では28種類ほどのサービスが登録されています。


詳細設定タブでは、ネットワーク接続の設定、既定の設定などが設定できます。

WMIを利用して Windows XPのデータを収集する場合は、Windows ファイアウォールを無効にするか、「Windows Management Instrumentation(WMI)」を例外に登録します。

イベントログをリモートから参照する場合は、Windows ファイアウォールを無効にするか、「リモートイベントのログ管理」を例外に登録します。

Windows ファイアウォール メニュー
Windows XP |  Windows Vista |  Windows 7






お役立ちリンク
あなたのサーバー動いていますか? |  ログを採るだけで満足? |  イベントログ ツールズ |  Vista/7/2008イベントログ |  SharePoint 2010 Tips |  Windows Server サポート終了日

ライセンス購入・保守契約
製品購入 |  保守契約 |  FAQ |  お問合せ |  サイトマップ