whitefox HOME | IT資産管理とは? | Windowsファイアウォール | WMI | IT資産管理ツール



WMI概要 Windowsシステム管理 プログラミング言語 コマンド

WMI : 2009.09.14 Monday

WMI(Windows Management Instrumentation)は、Windowsシステムを管理するWindowsサービス、API(Application Programing Interface)などの総称です。WMIを使用すれば、アプリケーションプログラム、Windowsサービス、ハードウェアデバイスなど幅広い分野の情報収集・操作が可能となります。

WMIは VBS/VBA/VB/VB.NET/C#.NETなどのMicrosoft開発言語、WMIC.EXEというコマンド実行、 WSH(Windows Scripting Host)/PowerShellなどの管理用スクリプトから使えます。
Windowsサーバー、クライアントPCを使用した社内ITシステムでの「IT資産管理」、「IT資産監視」の効率化などに WMIは 有用な仕組みです。

本サイトのWMIメニューの概要説明
WMIメニューの「システム管理(CIM)」では、WMIができる以前のコンピュータ・ネットワーク環境、CIMという標準規格について です。WMIの歴史を知る上では 参考になり CIMという単語もちらほらとWMIプログラミングの過程で 出没しますので 簡単に読んでおいてください。

WMIメニューの「Windows管理」では、CIMという標準規格の話しの後、WMIがどのようなもので、何ができるかについて 簡単にまとめています。ご自身の業務などと照らし合わせて 「あそこで使えるか?」っと考えを巡らせていただければ 幸いです。

WMIメニューの「WSH利用」では、WMIが一番簡単に使える WSH(Windows Scripting Host)で WMIがどのようなものかを 簡単なプログラムを作って体験できます。

WMIメニューの「.NET利用」では、プログラム開発者向けに Visual Studio .NETで WMIを使って Windows管理アプリケーションを作る方法について説明しています。

WMIメニューの「WMIC.EXE」では、システム管理者、開発者向けに Windows標準のコマンドであるWMICについて 説明しています。

WMIメニューの「Win32クラス」では、WMIで使用できる Win32クラスについて 説明しています。







お役立ちリンク
あなたのサーバー動いていますか? |  ログを採るだけで満足? |  イベントログ ツールズ |  Vista/7/2008イベントログ |  SharePoint 2010 Tips |  Windows Server サポート終了日

ライセンス購入・保守契約
製品購入 |  保守契約 |  FAQ |  お問合せ |  サイトマップ